知識

黒い砂漠/オーディリタメインクエ後、NPC埋めをすませて気付いたら行動力が11も増えてました

先日オーディリタのメインクエパート1を終えました。

今週のアップデートですぐにパート2がきてしまったのですが、それはもう少し後で進めることにして。(ツンクタを狩る内容もあるしね)

メインクエをクリアすると、ウィオレンティア女王の祝福を得たことによりオドラクシア内およびオーディリタのNPCの知識を得ること、つまり“まともな”会話ができます。

▲ 当初から一番お世話になっている倉庫番のドローレンスと取引所長ベロアンの二人ももちろん。ようやくお知り合いです( ˘ω˘ )

何度か他の記事でも触れていましたが、毎回アヒブや奴隷たちから「女王の祝福がない奴とは会話できない」と言われてましたからね。会話が出来る上に知識が埋まっていく快感ときたら。

……うーん。でもこれはどうなんだろう。割と知識集めが好きな人特有の快感かもしれませんね?

私の場合は、オーディリタで活動していながら話の出来ない期間がそれなりにあったので、その喜びも何割か増していたのですけど。


NPC知識埋めは楽しい

メインクエクリア後はもちろん、折を見て各NPCにあいさつ回りに行きました。

まずはオドラクシアですね。それから各地を巡りました。

で、たぶん網羅したと思う。残っているのはパート2で登場するNPCかなと言う感じ。

オーディリタ実装時の新地域探索もそうですが、たぶん砂漠で一番楽しい時間を過ごしました。NPCの顔の造形が、種族や性別によってある程度テンプレ化していることを残念に思ってしまうくらいは楽しんでいました。(その辺はボイスの個性やテキストで補完していましたけどね)

各キャラの生い立ちや交友関係、置かれている状況なんかもわかるのですが、中には割と重要そうなものもあったりして、得るものは多かったです。

▲ 例えば、木化現象は「オドラクシアの司祭チェルピーが作ったトゥラシル中毒を防ぐための薬の副作用であり、アヒブたちの手足の模様が既に木化したもの」だったこととか。メインクエストの文章って会話文なこともあってなかなか「これはこうであれはこう、だからこうなんだ」ってわかりやすく言ってくれませんから、この模様が木化したものだとはメインクエ中に気づかなかった。(もっともこの木化現象については、メインクエスト未クリアでも細部まで都市巡りをしていると気付ける部分ではあるけれど、死の月警戒所でハープを奏でていたリゼンティの“手足の模様で中毒を防げる”発言などは、仲間を鼓舞する歌人特有の表現寄りのもので副作用だとは察しにくい。ちなみに木化した体の治療薬は研究中とのこと)

あと各NPCのデイリー依頼や一般依頼の有無なんかもメモしたり。デイリーはともかく、一般依頼の方はやってみる予定。


行動力がいつの間にか10も増えてた

と、そんな感じで知識を埋めたのですが、気付いたら行動力が11増えていました。

さすが新地域。結構な数です。

行動力は貢献度に比べるともはやそれほどいらない感じではあるのですが、あるのなら越したことはありません。

もっとも、ここにはNPCの知識だけでなく、いばらの森などのMOB知識や、他の知識も含んでいるでしょうから、実際はもう少し少ないのでしょう。

NPC知識の方は自分でできましたが、相互作用の方の知識はさすがにちょっと手間なので、情報サイトなどを見つつ埋めることになりそうです。

ちなみに相互作用での知識獲得は、1つにつき15~20と結構な行動力を消費するので、知識埋めをするときには行動力全快にしておいた方がいいです。

▲ 実際のところは、人物のみでも最大11増えるようです

そういえば今獲得できる最大の行動力っていくつなんでしょうね?

NPCとの会話や探索で知ったこと

・それっぽい(相互作用できる)神木トゥラシルは都市内になかった
・行動力ポーションはチェルピーで変換できた
・種や果物はデリモル農園で
・都市内の別種族には主に港から送られてきた奴隷と、カリチャー商団が連れてきた者がいる
・都市内の知識はだいたい本棚にあった
・デロティアはデリモルがアヒブたちを救うため――トゥラシルの中毒衝動を抑えるまたは浄化するために開発した品種改良の種

今日のオドラクシア(SS集)