依頼

黒い砂漠/メインクエストをスピードアタック……しようとしたけどノヴァ専用テキストが(バレノス・セレンディア編)

先日はシーズンノヴァでパデュスを狩ってみました。

格下狩りで、ざっくりとしたものではあるのですが、結構縦横無尽に動ける上に難しい操作もそれほど必要としないクラスであることが分かりました。

黒い砂漠/ノヴァを56にレベル上げ 意外にもウィッチウィザードや覚醒職のような戦闘感で狩りやすかった新職の実装はいつもわくわくしますね? さあ、爆音がくるぞ……! わあい。久しぶりい。すまなあああい。(あんまり爆音じ...

もちろん、スキル2つ3つ使って沈められる狩場で狩り始めてからや、覚醒/伝承が来てからが色々と本番ではあるのですけどね。ノヴァは盾職で専用バフもハサシンとは対照的に防御力が上がるキャラなので、なおさらそう思います。

気になっていたノヴァのクラス性能や狩り性能についてはある程度掴めたので、今回からはメインクエスト進めです。

というわけで、バレノス編からやっていきます。


バレノス編

イレズラが登場。カプラスとの関係は?

ギアスと戦う辺りから再開して、バレノス編は20分ほどでクリアしました。

ノヴァはスキル後に盾を構えてしまうことがよくあることもあって、マラソンはそんなに得意なキャラではないですが、やはりバレノス編は早いですね。

ただ……かなり驚いたところが。

これまでだと確か、メインクエ内では特別トラナン・アンダーフォーと会話することはなかった気がするのですが、改変によるものかそれがあり、しかもイレズラ登場です。

何か別の依頼を受けてしまったのかって一瞬思ってしまいました。イレズラくるとびっくりする^^;最重重要人物ですからね。

どうもイレズラは、トラナン・アンダーフォーの「抽出記録」を盗み見ていた様子。

錬金術師のカプラスについて言及があるところから察するに、イレズラが見ていたものはこれじゃないかと推察できます。(昔、カプラスの嫁じゃないかと少し考えたことがありますが、いよいよイレズラはカプラスと何かしら関係ありそう)

この後の流れも先日の改変内容の例によって刷新されていて、クリオとのピエロ事件を交えた会話があり、助けたピエロの俊敏なリス・リッチとの会話もありました。これがあるのは話の流れ的に当然ではあるんですが、細かい。

▲ これどういう解釈をすればいいだろう。納骨堂の本って日誌? 涙を流したのは、カプラスが爆発に巻き込まれて死んでいたかもしれないことに対して?

ここでもまたイレズラが出てきます。なんでもリッチを納骨堂に誘ったのは彼女だったそう。

あとはいつも通り

それからイゴール・バルタリの元に行くと、いつも通りのメインクエテキストに戻っていました。クロリンスと話してバレノス編クリアのテロップ。耳がああ(笑)

それにしても改変いいですね。前後のテキストにほとんど違和感ありませんでしたし。おなじみのキャラとの会話は嬉しいですね。結構な手間だろうけど素晴らしい~( ˘ω˘ )

夜明けの粉雪が貯まっていたので、今回は早々とマノス馬鞭と交換して、セレンディア編に突入しました。


セレンディア編

メインクエ内にノヴァの専用テキストもあり

ハイデル入りすると、ジョルダインと領主のいるところにジャレットがいました。あれ? ジャレットってここにいたっけ?

ピエロに関しての言及がありますし、ここも改変箇所なのかな。辻褄合わせをするなら他の部分にもメスが入るのは当然のことではあるけど、ベリアだけにとどまらず割と手広く改変?

▲ 見たこと?? え、これノヴァ関係? しかも「昨日見たような顔」?? ここは混乱させるだけのお茶目なテキストのような気もする

どうも、ノヴァでメインクエストを進めるとノヴァ専用のテキストも出てくるようです。

すごい、これ。なかったよね? 今までキャラによってメインクエ内のテキストが変わるって。いや、クラスは色々あるし、ハサシンはバレンシアのメインクエ触っていないのでいくらでもあったのかもしれないけどさ……。

ともかくノヴァは、王であり父でもあるダハード・セリックが消息を絶ったと言うバレンシアへの遠征軍について行っていたようです。GMノートなどで触れられていた、“砂嵐があなたを奪った”とはそのままの意味だったようですね。彼女はこの遠征の生き残りのようですが……。

▲ うわあ。これどうなんだろう。いよいよ正当な血筋の娘ではなさそう

この後はいつも通りで、ボニー・ローレンとリンチ家の悩みを解決するべく結婚指輪を探したり、魔法使いの塔に登ったりしました。

落下ダメージ-80%とかあるなら飛び降りてみればよかったw

選択肢はイソベル編(シアン商団編)

今回選択肢は右のカルフェオン色の強い内容、イソベル・エンカロシャーを手伝うエピソードを選びました。もしかしたら、他になにか変化があるのかなって期待してですね。

▲ 盾を構えると親衛隊が倒してしまうので、ボスのスクショを撮るには結構大変(笑)

アル・ルンディ反乱軍の鎮圧とか、フォガン狩りとか、さくさくっとクリアしていきます。イソベル編は久しぶりなので、アル・ルンディ(ロン毛だぁ~)と会話するのってあったっけとか思いつつ。

再びノヴァ専用テキスト

そうこうするうちにまたノヴァ専用テキストがありました。他の選択肢は分かりませんが、イソベル編選んで正解かな。

▲ そうだよね、困ったことになるよね。まぁ、その困ったことが私の(読者的には)楽しみなんですけどね

どうやら、巨大な盾と鉄槌を振るうのは、オーディリタはオルゼカ兵の戦闘スタイルではまく(あったのかもしれないけども)、ガハード・セリックの部隊もこのような戦闘スタイルだった様子。しかも、ヴァルキリー部隊が主流のなか、ただ一人彼の部隊だけがこの戦闘スタイルだったそう。

この部隊は王を亡き者にしたバレンシアの遠征により、全滅してしまったらしいのですが……。

この話以外はいつも通りっぽく、山賊を狩った後、19分ほど余りでセレンディア編クリアです。

ちなみに汚いですが例によって報酬内容はこんな感じ。まだまだナル装備関連は集まりません。クロンはイベントですね。

サプライズアプデ

ノヴァのテキストでタイムアタックどころではなくなってしまいまいましたが、楽しみが増えました。一応アプデ内容を再確認しましたが、特にメインクエ内テキストの改変に関しては記述がないようです。

結構なサプライズアプデだなぁwというかあれですね、こうなってくるとハサシンのバレンシア編もやりたくなってくるから困ります。

黒い砂漠/ノヴァ版メインクエストカルフェオン編はSの招待状繋がりで投獄されたり、専用の会話がたくさんあって大ボリュームさて、私的にはサプライズアプデだったウィンターシーズンノヴァはメインクエスト消化の続きです。 https://ortho-diar...

追記:このベリア~セレンディアのメインクエ改変のアプデは11/25にアップデートされていたようです。

● バレノス地域のメイン依頼の一部を改編しました。
– 旅が始まり初めて到着する村であるベリア村にて、村の騒ぎを鎮め、昔廃墟になったクロン城の隠れ話や、広い世界でバレノスの立地がどうであるかをより深く知ることができるストーリーが新しく構成されました。
– 依頼の改編に伴い、ベリア村に初めて到着した後にクロン城で進行するお話もより深いものに変更されました。また、ベリア村に到着した後にすぐにセレンディアに旅立つのではなく、今までは見られなかったベリアの素朴で美しい場所も見ることができるよう改編されました。

依頼、知識 – [アップデート] 11月25日(水)アップデートのご案内