スキル

黒い砂漠/調整されたスキル特化の内容と3種類の段階幅について 全キャラ再編は大変なので告知がほしかった

今週の10/28にスキル特化の調整が行われました。

調整内容は、「全スキル同じスキル特化内容になった」というものです。

▲ どのスキルでも、特化内容が一緒で、数値だけ違う

だいたいスキル特化って、欲しいスキル特化内容、たとえばHP回復やMP回復がスキルによってあったりなかったりで、あれこれ悩むのが常だったと思うのですが、これがなくなりました。

(特化ができるスキルなら)どのスキルでもHP・MP回復がつけれます。

ここにはバフ・デバフはもちろん、PVP関係のものや、レアな「〇%の確率で〇アタック」系も含まれています。各キャラ各方面で特化がしやすくなったので、アップグレートな内容ではあるのでしょうね。

こんにちは。オルトです。


新しいスキル特化の種類は3種類くらい

スキル特化の内容は3種類くらいに分かれているようです。(“くらい”としているのは私が全職触っているわけではないためですが、ミスティックのCTが30秒もある「蒼水の護り」のスキル特化の数値も3段階目に該当しているので、多分3種類じゃないかなと思う)

何をもって3種類に分けているのははっきりとしたことは分かりませんが、内部的なスキルのランクや、CTとかその辺りだと思います。

威力が低いメイン武器に多いスキルは1段階の数値、威力がややあってCTも5秒以上10秒以下程度のスキルでは2段階の数値、CTが2桁でダメージも高い大技系のスキルだと3段階の数値と言った感じ。

例を挙げると、モンスター攻撃力〇増加の効果だと、「10増加、20増加、30増加」の3種類で分かれているようです。

私はまったり勢なのでいばらの森で死線を潜り抜け中なガーディアン以外は大した内容にならないとは思いますが、全キャラのスキル特化再編をしないといけないので(ちょっとめんどくさい)、少し調べました。以下スキル特化の数値幅です。

スキル特化の増加幅(〇がスキルによって増減する該当数値)

10,20,30
7秒間、自分のモンスター攻撃力〇増加
5,10,15
7秒間、自分のPvP攻撃力〇増加
10,15,20
7秒間、自分の全ての防御力〇増加
3,4,5
7秒間、自分の全ての回避率〇%増加
3,4,5
7秒間、自分の全ての命中率〇%増加
10,20,30
7秒間、自分のクリティカル確率〇%上昇
4,7,10
7秒間、自分の攻撃/詠唱速度〇%上昇
4,7,10
7秒間、自分の移動速度〇%上昇
5,10,15
10秒間、相手のPVP攻撃力〇減少
10,15,20
10秒間、相手の全ての防御力〇減少
3,4,5
10秒間、相手の全ての回避率〇%減少
3,4,5
10秒間、相手の全ての命中率〇%減少
4,7,10
10秒間、相手の攻撃/詠唱速度〇%減少
4,7,10
10秒間、相手の移動速度〇%減少
50,100,150
相手に15秒間、3秒毎に〇の出血ダメージ
5,10,15
打撃対象1体あたり、自分のHP〇即時回復
10,20,30
打撃対象1体あたり、自分のMP/FP/神聖力〇即時回復
10,20,30
相手のMP/FP/神聖力〇即時減少
10,15,20
相手を〇%の確率でダウンスマッシュ
10,15,20
相手を〇%の確率でエアースマッシュ
2,3,5
5秒間、自分のバックアタックダメージ〇%増加
2,3,5
5秒間、自分のダウンアタックダメージ〇%増加
2,3,5
5秒間、自分のエアーアタックダメージ〇%増加
2,3,5
5秒間、自分のクリティカルダメージ〇%増加

新しいスキル特化を見て思うこと

特化の幅が広がったとは書きましたが、改めてそう思います。

例えば、出血ダメージないし砂漠のDOTダメージ(毒とかの継続的に与えるダメージのこと)は、PVEではさほど効果はありませんが、PVPではそこそこ有用だと聞きます。これを極端な話、つけまくってしまえば、戦況はどうなるのかという話。

内容がたとえ一緒でも、秒数の更新はされるでしょうからね。デバフも同様に。デバフばら撒き職らしい覚醒ガーディアンに特化でもデバフつけたら鬼でしょう。(スキル効果と特化効果で、重複するものとそうでないものがあるような感じなので、自分で調べることも必要になると思います。傍に叩けるカカシのある西部警備キャンプなどのスキル教官などではこの辺を手早く検証できます。「スキル発動時に効果が付与されるもの」と「MOBに当てて発動するタイプ」があるのでその辺もね)

あと冒頭で触れたHP/FP/神聖力の回復もつけまくれば、HP回復力は低めな伝承ハサシンのように、回復力があまり高くない職がいくらか使いやすくなるかもということ。

他には、ダウンスマッシュとエアースマッシュを入れるのに10~20%の増減値だそうです。これ、結構高めじゃないかなと思いました。手数の多いキャラに入れたら結構有用じゃないのかな。

と、そんな感じで色々とやりようがありそうです。この特化の変化により、全体的に手数多い職が強くなったのかな。命中回避も入れやすくなったので、命中回避アクセの値段も下がるかもしれませんね。(PVPで脅威にもなるでしょう)

▲ 元々ダメアップのスキル特化はつけれなかったけどつけられるようになって攻撃バフ能力がとても上がった「蒼龍槍」。クリティカル率も10%から20%に更新

私のように、生活して、たまに狩りして、ボス戦はやるというような対人しません自分のペースでまったりですわよ勢は、モンスター追加ダメージ、攻撃速度、クリティカル確率を中心に、よく使うスキルに入れる感じになりそうです。

上の三者の効果は常にかけておきたいので、スキル回しの起点と大技は内容をかぶらせる感じでも全然。(主力スキルに「全ての~攻撃アップ」がついてたら特化のモンスター追加ダメージと合わせていい感じ)

ただ私のガーディアンのように、(自分にとって)強い敵と戦うことがある場合は、防御力の最大20増加、あるいは相手の防御20減少も結構魅力的な数値だと思うので入れてみるといいと思います。

逆に相手の回避/命中率減少や、クリティカルダメージ増加はいまいちな感じ。どっちも確率が低いし、体感しにくいし、クリティカルダメージに至っては不動の地位にある10%アップなクリティカル水晶がありますからね。もちろん、PVPしないのにPVP関係やDOTの特化はつけても意味がないです。