狩り

黒い砂漠/ナバン草原で追跡機能を利用しつつMOB知識と称号集めのシーズンウィークリー(手ごわい…)

シーズンウィークリーはいつもならマリーの洞窟で消化するところですが、今回はナバン草原に行ってみることにしました。

以前から一度は来たかったんですよね。あまり来ない狩場の一つとして。あるいは、称号と知識集めの場所として。

こんにちは。オルトです。


きっかけ

冒頭でも触れましたが、私のプレイだとナバン草原はあまり来ない場所です。

最近はハサシンでポリ森を狩ったりしていましたが、基本的にカーマスリビアにキャラを置いていないのも理由。狩猟やってる人は狩猟経験値稼ぎでよく来ている印象ですね。

来ることは来ます。狭間のアヒブズグリフォンとか、一般依頼でのレベル上げ時にとか。

でもそのくらいのもので、本当にちょっと覗きにくるという程度なので、用事のない場所の一つになっていました。砂漠地帯の狩場と比べると覗けるだけマシではあるのですけどね。

黒い砂漠/覚醒ノヴァで地域依頼目的にナバン草原とロナロス狩り 速すぎる動きに少し慣れてきました地域依頼目当ての各地巡り3回目ですね。 1回目にバジリスク&ケンタウロス、2回目でルード&フィラクを終えたので、タイトルの通り今回...

そうして今季のシーズンサーバーでは、地域依頼で来ることがありました。具合はまあまあといった感じ。羽根オオカミを狙っていけば数は稼げることが分かりましたし、来るきっかけにはなりました。


準備

今回はシーズンウィークリー(と称号)が本分ですが、知識目的もあります。

持ってない知識は結構あります。一つはカイザーグリフォン。

二つ目は動物カテゴリーのMOB。羽毛イタチ、灰色キツネ、藪ヤドカリ、毒スパインクローラーとか。森(カーマスリビア)Ⅱの方ですね。

知識目的も含むので、霊薬は野蛮の霊薬にしました。あとはいつも通りです。一応スクロは上級。

シーズンウィークリー自体は2時間かなと考えていますが(4000体の討伐)、さてさてどうかな?

▲ シーズンウィークリー先のスティッチの拠点管理人のエンロ。強いよね~ナバン草原の敵。特に黒豹は昔は本当に難敵でした

1時間目:カイザーグリフォンが沸かない

羽根オオカミを狩って数を狩りつつ、追跡では藪ヤドカリをターゲッティングしつつ。便利ですね~追跡機能。

ナバン草原のMOBは種類が多い上に込み入ってますから、探すのに重宝します。

▲ ベラドンナ象と戦うと画面がすごいことに(笑)

狩りながらカイザーグリフォンを探し回りました。カイザーグリフォンは追跡対象にはならずレアモンスター扱いのようで、自分で探すしかなかったためです。

そうこうするうち称号の「道を開けろ!」もゲットして、順調ではあったのですが……カイザーグリフォンのリポップが遅い。グリフォンの方は沸くんですけどね。

時々サーバーを変えることにしました。

わらわらやってくる羽根オオカミとプニルと黒豹を狩ったあとは、大きく迂回してヤドカリを倒して。カイザーグリフォンを見なくなったらサーバー変更して。

そんな感じで1時間目は終わりました。いくつかMOB知識は更新しましたが、新規知識はなしです。

ドロップ

1時間目のドロップ(上級スクロ)はこんな感じ。

動き回ってる時間が結構あったので、時間石は少なめですね。上級で一般的な狩場を1時間狩ると、確か90個前後です。強いMOBが多いからなのか、粉は多めでしょうか。

風の精霊石の破片はここでしか集められないので、もうちょっとほしいところ。破壊の精霊石は嬉しいですが、どのMOBから落ちたのかはよく分からずでした。

ガラクタは、

・羽根オオカミの尻尾 3,000*2794+6000=約26.38M
・ペリのくちばし 3,700*494=約1.8M
・ベラドンナ象の象牙の欠片 5,500*142=781,000
・グリフォンのくちばし 21,000*102=約2.1M
・黒豹の歯 19,500*32=624,000
・ガゼルの毛 220*22=4,840

合計 約31.69M

と、さすがにポリ森よりは多いようです。羽根オオカミに集中すれば40Mはいくのかな。

グリフォンや黒豹のガラクタはいばらの森のガラクタより単価が高いので、彼女たちよりも強いってことでしょうか。とはいえ、HPはアヒブたちの方がある印象でしたけどね。

休憩:オビー・ベレンとお喋り(お遊び)

休憩中にぺちゃくちゃ喋る賢い振りなオビー・ベレンとお喋り。ノヴァとはちゃんと話すのは初めてだと思いますが、カーマスリビアの英雄なミスティックとガーディアンの仲間だというと彼は饒舌になってくれました。

オビー・ベレンは、サルンの境界での事件をふんわりと知っているようでした。近頃グラナないしカーマスリビアでは武器と防具の補給が増えており、しかもそれが各地域に駐在しているアーチェル、レンジャー、レモリアの3つの部隊全てに同時期に起こっているということで、彼は不安になっているようでした。

また、彼によれば、怪しい点は他にもあるとのこと。

一般兵たちはそれほど変化はない様子でしたが、ただ聖人アンベリフや、先日滞在していたアーチェル代表のハセル・アゼリエラーなどの要人たちに隠してはいたがどうも剣呑とした雰囲気があったことや(特に彼らは自分を警戒しているとして、「私は別におしゃべりでも何でもないんですよ。それでですね、ここは私しか知らないことなんですが…」と彼は続けて語った)、鳥たちの一部がまだ作って間もない巣を捨てて飛び立ったことなどに動物的な勘を巡らせていたようでした。

また大きな戦いが始まるのではないか。それはアヒブとの戦いなんだろうと。

もしかすると博識な彼はハドゥムについても情報を持っているかもしれませんが、両女王は今のところは水面下で秘密裏に協力体制を敷いていることですし、ここでは相槌を打つにとどめました。

彼がじっと見つめていることが少し気にかかりましたが、そもそも彼は“はじめからずっと”見つめていました。鳥は表情が作れませんからね、そう見えるだけです。例え彼が、とても人間味のある喋り方をするフクロウであっても、彼はコシのあるミミズが大好きなのです。

2時間目:百万ドルの足

2時間目も似たような内容で狩りました。ドロップ的にさほどの実りがあるわけでもなく、緊張感もないので、さすがにちょっと飽きてきましたが(笑)、頑張って狩りました。

称号の百万ドルの足を無事にゲット。覚醒ノヴァに至っては確かにツバキブレイダーと並んで価値のある足かも。ともかくこれで称号は補完。( ˘ω˘ )1満足

あとはカイザーグリフォンと他の動物知識です。

狩って

狩って

狩りますが、

結局、カイザーグリフォンの知識は取れず。動物の知識も、ガゼルも合間合間に狩ったりしていたんですが、新規取得はならず。手ごわい……。羽根オオカミの付近には動物系MOBがあまりいなかったっていう事情もあります。

なんにせよシーズンウィークリーは終わりました。ちゃんとみっちり羽根オオカミを狩ってたら、4000体は1時間半くらいで終わると思います。

ドロップ

▲ ガラクタ+6000。時間石はウィークり込み

ドロップは1時間目と似たような内容ですね。うろうろしていた時に、一般依頼を適当に受けて消化したペリドットの葉なんかがあります。

最低限欲しかった討伐称号は2つとも無事にゲットできたのでよかったのですが、カイザーグリフォンはともかく、もう少し動物知識が欲しかったなぁといった感じの狩りでした。

あと、耐久の減りが速かったです。1時間目のあともそうでしたが、鎧の随所には噛みつき跡がたくさんありました。( 一一)見た目はかわいいのにね。

1時間目にナバン草原に入った時に、アヒブズグリフォンが出現したのであとで戦おうと思っていたものですが、すっかり忘れていつものFB討伐のお仕事に戻るうちのノヴァなのでした。