依頼

黒い砂漠/メディアメインクエはやっぱり2時間かかりませんでした ノヴァのボス討伐は親衛隊のお仕事です

カルフェオン編はノヴァでプレイすることにより既存のメインクエストテキストに大幅な追加差分がありました。

ちょっと数行テキストが加わったとか、ガーディアンがドベンクルンのNPCやバヒトラム族と話すとテキスト内容が少し変わっていたようなそういったレベルでもなく、“新しいルートが加わった”というレベルです。

黒い砂漠/ノヴァ版メインクエストカルフェオン編はSの招待状繋がりで投獄されたり、専用の会話がたくさんあって大ボリュームさて、私的にはサプライズアプデだったウィンターシーズンノヴァはメインクエスト消化の続きです。 https://ortho-diar...

なので私的には、非常に楽しめた時間を過ごせました。他に差分はあるのかな?と探したりして。元々はスキップ予定でしたしね。

で、そんなメインクエですが、今回で進行はひとまずおしまいです。なぜなら、シーズンパスの報酬の条件であるメインクエの進行がメディア編までですからね。(メディア編以降のメインクエ装備は欲しいですが、それの役割はガーディアンかハサシンが担う予定)

ノヴァの生い立ち的には、バレンシア編ではもしかしたらどこかにテキストの改変くらいはあるかもしれませんが、メディア編は望みは薄いと思っています。


1時間目:「メイン族掃討」まで

メディア編はカーマスリブ寺院からですね。ここにくるのは基本的に妖精関係とメインクエくらいです。

さくさくっとフェリード討伐まで進行。狭間フェリードが湧くのも恒例行事ですが例によって無視!( `ー´)ノさよならっ達者でなっ

闇の雪の中で

メボ・ムラナンと話し、住人紹介的な依頼を受け続け(もちろん野蛮族の歌も聞いて)、預言者のシラレのテキストで止まりました。

“闇の雪の中で”、だって。しかも“一人”かぁ。

この雪って、そのままの意味だとしたら、オーディリタもカルフェオンも特別雪原地帯でもないのでちょっと違和感がありますね。

雪が比喩だったら、オーディリタは、オルゼカ時代または現行でも行っている(と推測される)生贄の血または呪いが積もった雪のように堆積している地だからってこと辺りなのでしょうけれど。(となるとノヴァはやはりオーディリタ出身ってことになりますね)

おそらくここ、多数のクラスでの改変部分ですよね。ハサシンも「砂漠」の言葉が入っていた気がします。

……と思いきや、ハサシンのメインクエ時のSSを見たら、ハサシンも闇の雪の中で、でした。なんだぁ~。

選択肢は右のネルダ・シェンサイド

見落としとかなければ見ていた感じ変わった点はそれだけで、次いで廃鉄鉱山で少し狩りました。

選択肢は前回は「また会えるその日まで」を選んだので、今回は「アルティノのために」を選びました。

この選択肢は、サルマ・アニン(バリーズ三世)側に寄るか、ネルダ・シェン側に寄るかという内容です。どちらかを選んだからといって、選ばなかったどちらかが敵になるといったことは特別なく、最終的にマウディ・ブダールを捕らえるのは同じで、主人公の立場的にもさほど変わりません。

会話、テキストの翻訳の具合、狩りの有無、移動距離、そして狩りの難易度や時間配分など、依頼難易度的にも時間配分的にも、どっちかに偏ってるといったことはなかったように思います。メディア編はバランスが良く、そういう意味では完成度高いです。

シャカトゥの興味を引くための物品を入手するため放浪盗賊で狩りをし、闘技場で見世物になり、次にサルマ・アニンの気を引くためにメイン族討伐をするところで1時間目は終わりました。


2時間目:メディア編クリアまで

特に何事もなく進行していって、メディア編の長めの移動箇所になる大族長の霊廟や古代の隙間へ。

▲ 合間のカブト族狩りで「無敵少女」というちょっとそそる称号をゲット。ノヴァはある意味無敵少女だよね

エダンに再会し、シュルツ事件に少しだけ手間取り(相互作用する順番があるから。最初はワイン。今回は適当だったからあとは忘れた)

合間でヌーベル狩りに行って、ネルダ・シェンがサルマ・アニンといい仲になってしまうことを少し懸念して鉄面皮が崩れるルーシー・ベンクムに萌えつつ(旦那誰だろう)。

闇の精霊に盗みの腕を披露して~

▲ 完全に無視されている( ˘ω˘ )

兵の墓に行ってガイコツを親衛隊に倒してもらって~

闇の精霊すらもやっぱり親衛隊に倒してもらって(笑)、はい、おしまい。

ボス戦ほんと何もしなくていいなぁw(ノヴァはQガードすると防御が大幅に上がる上に、自動攻撃な親衛隊2人が出るのです)

かかった時間と報酬

やっぱり2時間かかりませんでしたね。今回は6分余りました。微妙にかかった理由はよく分かりませんが、誤差かな。

報酬はこんな感じ。

ガーディアンで進行した前回では、禁書の内訳が分かりませんでしたが、メインクエで結構もらえるんですね。始まりのブラックストーン(武器)は、既に結構使ってしまっていたのでこの数に。実際はもうちょっと多いです。

この直後、闇の精霊からプガルが呼んでいることを知らされます。内容はナル真5をトゥバラ真1へ交換できるようになったことの伝達。シーズンキャラはここから本格的な強化の始まりというわけですね。