イベント

黒い砂漠/静かなる朝の国イベント冒険日誌 親や先祖にお辞儀して餅入りスープで歳を取って

今週のメンテからイベント冒険日誌の一つが進められるようになってます。

朝の国の冒険日誌ですね。

今頃、静かなる朝の国では村の住民たちが
祈りの言葉を伝え、お互いの近況を聞くそうです!

[イベント] 静かなる朝の国、風習を見てみよう!

とのことです。この“今頃”というのは「旧正月」のことでしょうね。アジア圏ないし韓国の正月というと、一般的に2月の旧正月の方を指しますからね。

朝の国は今後実装予定の地域です。カルフェON宴会によれば、再来年に実装予定とのこと。

さてそんな朝の国のイベント冒険日誌を進めてみました。


期間限定冒険日誌

始まりは闇の精霊からです。

闇の精霊と話をすることで朝の国のイベント冒険日誌が加わって、閲覧可能になります。

ちなみにこの冒険日誌は今週のメンテから2/24のメンテ前までです。


内容はとても簡単

公式のイベントページにも冒険日誌の内容が明記されていますが、進行はとても簡単です。基本的にNPCと話をするだけですからね。のんびり進めても20分かかりませんでした。

渡すものに小麦粉100個と鶏肉10個がありますが、どちらも入手がしやすく、なかなか枯渇しにくい食材です。移動もベリア・ハイデル間で終わります。(依頼の内容は以下)

冒険日誌の内容

冒険日誌 完了条件 完了報酬
[1章] 
最初の月が浮かぶ日に 
闇の精霊と会話する  貢献度300 
クロン石10個 
[2章] 
行き交う祈りの言葉 
以下の<べリア村>にいる住民たちに安否を伝える 
– NPCイゴール・バルタリ 
– NPCイズリン・バルタリ 
– NPCアルスティン 
貢献度300 
記憶の破片10個 
[3章] 
こうやって、また一つ歳を取るのだな! 
<べリア村>NPCダビド・ピントに日誌を見せる 
NPCダビド・ピントにお雑煮の材料を渡す 
-小麦粉100個
-鳥肉または鶏肉10個
貢献度300
ヴォルクスの叫び5個 
[4章] 
棒に委ねられた運命 
<べリア村>NPC冒険者(取引所前)を訪ね 
クイズ依頼を完了する 
貢献度300  
[EV] 強化支援箱 I 1個 
[5章] 
青空に描いた願い 
<ハイデル>NPC住民(カカシ前で凧をあげている少年)と会話をする  貢献度300 
クロン石30個 
[6章] 
再び戻る日まで 
冒険日誌を1章~5章まですべて完了し 
闇の精霊(/)と会話をする 
貢献度300 
[EV] 金塊の箱 1個

冒険日誌のテキスト

1章 最初の月が浮かぶ日に

2章 行き交う祈りの言葉

3章 こうやって、また一つ歳を取るのだな!

4章 棒に委ねられた運命

5章 青空に描いた願い

6章 再び戻る日まで

韓国の伝統的な(昔の)風習から

黒い砂漠/12/22からウィンターシーズン開始&新職ノヴァ実装、終わりのない冬の山 カルフェON宴会の軽いまとめ12/12の17:00より「カルフェON宴会」が放映されました。youtubeの公式アカウントからのライブ映像ですね。 [GMノー...

カルフェON宴会で紹介されていた朝の国の宮殿が韓国の「景福宮」をモチーフにしているように、この冒険日誌の内容つまり朝の国は、韓国を題材にした地域のようです。

私は韓国の文化にあまり詳しくないのでちょっと調べてみたのですが、冒険日誌内外で触れている、

・親や先祖に一番丁寧なお辞儀(いわゆる土下座)をする
・餅入りスープ(「トックッ」というお雑煮)を食べて“歳を取る”
・ユンノリという双六ゲーム

といったことは、韓国に実際にある文化やモノのようです。

思えばラット港は中国風で、韓国風の街というのはありません。ヨーロッパ、中東、南アメリカ、中国ときましたから、韓国が出てくるのは別に変なことではありません。運営元が韓国であるのを考えると控えめにも思うくらい。

東の国として設定上は存在しているようですが、あとは忍者・くノ一の故郷の日本でしょうか?(その頃にはらしいジャパニーズお侍キャラが出てきていそう)もっとも、日本を出すなら他の国々の変わった文化なり民族なりを深掘りしてくる気もしますね。

理由はファンタジー的な理由かもしれませんが、雪の降り止まない地域もそのうちにくるようですし、いよいよこのゲーム一本でファンタジー世界の旅行はもちろんですが、(リアル中世の)世界旅行ができる日もそう遠くないのかもしれませんね。……いや、既にだいぶできていますね( ˘ω˘ )