狩り

黒い砂漠/トシュラ狩り後、カルク渓谷の幽寂で神秘的なBGMに聴きいった話

先日、シーズンハサシンのメイン武器のトゥバラ砂曲刀とトゥバラアーマーを真4にしました。

AP202/DP261になってます。頼もしい限りですが、これでもレッドノーズにワンパン食らいました。(笑)粉は25個以上割と出してくれますし、報酬的には十分な実績は残しているんですけどね。

まだまだ安心は出来ないようですね。( `ー´)ノ

とはいえ強化しようにも鉱石が全然ないので、トシュラに再び行ってきました。(記憶余ってるし使ってもいいやって思ってたけど、1しか回復しないのでさすがにちょっとね)

こんにちは。オルトです。


トシュラ、再び

ドロップ結果

1時間で、時間石は103個でした。鉱石は18個。

上級スクロとシークレットイベントの報酬で+20%、期待をかけて終末の月の最上級スクロを使ってみましたが、効果はいまいちな感じ。

ガラクタアイテムは適宜倉庫に送ったり捨てたりで、いくつだろう、8000くらいだったと思う。分かってはいたけど16Mかぁ。

うちのハサシン、フィールドボスでマカールロードを既に3個割っていますが、1回の狩りじゃ返済無理ですね。

まったりさん用

21時だったためかNPC付近には馬がたくさんいましたし、人もそれなりに通りかかりましたが、その割には狩場争いはほとんどありませんでした。

トシュラが意外と広いこともありますし、ハサシンがやはり多かったのを見る辺り、みんなそこまで効率が出ていないのでしょう。まったり狩れる狩場だとは思います。

どうやったら取れるんだろうと思っていた称号の「全部押し出してやる!」が取れたので、いいタイミングというか、別の狩場を検討したい感じの結果になりました。

トシュラ余談

今回数を狩れるいい場所を取れたのですが、やっぱりトシュラでは慣れが結構必要だなって改めて思います。覚醒/伝承がきたら確実にワンパン出来ると思うので、効率は絶対に上がるでしょうけど。

MOBの密集具合も気になるところですが、今回は障害物が気になりました。

敵に突っ込んだら「ただの丸い枯れた低木にはまった」っていうのが時々あったんですよね。ハサシンは簡単に障害物抜けられるのでその点は有利なんですけど、障害物とMOBの判別がつきにくいです。みんな枯れ木というか。(笑)

主力の一つである「使徒降臨」は、そこまで範囲が広くないので、障害物でつまずくのは地味に痛かったり。

逆に「陰影割斬」の射程の長さがほんといい感じ。

横範囲は狭いんだけど火力も高いしね。画面真ん中にMOBを捉えて打ったらだいたい始末してくれます。障害物もなんかすり抜けますからね。


あまり聞かないカルク渓谷の音楽

で、ドベンクルンでトシュラのドロップ品を整理した後、パデュスに行ってみるべく移動していたんですが、道中で聞き覚えのないBGMが流れてきました。

場所はカルク渓谷です。

カルク渓谷のBGMは、いかにも渓谷や高山地域で流れそうな、少しだけ恐怖感を煽る雰囲気のあるBGM。……ではあるんですが、主旋律はバイオリンで、後ろにピアノと低い音色の管楽器、ところどころ女性の歌唱やハープが入りだします。

余韻が非常に深い楽曲です。曲の根幹が怖さというよりも寂しさや美しさであることがすぐに分かります。やがて全体的に神秘的な雰囲気が霧のように漂う、静やかで綺麗なインストになっていきます。琴系の弦楽器も入っていて、わずかばかり中国風味もあります。

▲ 風景にあんまり特徴がない…… 今度撮り直そっと

カルク渓谷という場所が風光明媚な上、可視化している精霊が存在している神秘的なグラナと、山道と高い崖ばかりのペルーなどの南アメリカはアンデス山脈系の文化を持った人々の住む峻厳なドリガンの中間というのを踏まえると少し納得しました。両者を足して割ったようなBGMにも聞こえましたから。

普段BGMや効果音は消してプレイしていて、ハサシンで狩っている時は新鮮なので入れていたために発見したんですが、ちょっと得した気分です。しばらく聞きながら、作業や家事をしたりしました。こういうとあれですが、よく眠れるBGMだと思います。

ちなみに、このカルク渓谷のBGMをyoutubeで検索してみたんですが、ありませんでした。一応英語と韓国語でも探してみたんですけどね。知る人ぞ知る的なレアBGMのようです。(⇒オーディリタの曲だったようです