アプデ

黒い砂漠/グラナの西にできた牧場に行ってきた “喋る青いトラ”に闇市場の本でしか見れないペリカに

先日は工事中の牧場に行ってきましたが、今回はしっかり出来上がった牧場に行ってきました( `ー´)ノ

乳絞りが出来るだけだと思うので、内容的にはそんなに大きなアップデートではないんですが、助かる人は助かるだろうし、事前に告知がされてもいたのでひときわユーザー寄りの丁寧なアップデートだったと言えますね。

さて。ちょろっと建物があっただけの工事中の状態からどんな感じになっているんでしょうか?


場所はグラナの西

場所はグラナの西の道沿いから下り坂を下りたところにあります。グラナとポリのちょうど真ん中あたり。

テントやら厩舎やらを見つけていたので当然と言えば当然ではあるんですが、工事中の時と場所は同じですね。

で、今回は新規NPCとシアン商団のポビオスが訪れているとのことですが……いたいた。


なんか物騒です

ふうん? 厳しく接していたって、カーマスリビア側がカルフェオンに対して?

ポビオスはテキストが2行あるだけでした。残念。ポビオスと喋る機会ってメインクエでしかないんだよね。

え。

……ああ! ペリカがね。闇市場にペリカそのものが出回ってるのと勘違いしました。本に留まっているらしい。ヘレリンスって誰だっけ?

それにしてもなんか……ちょっと物々しいね。カーマスリビア各地の要人たちはしきりにカルフェオンは信用していない発言していましたが、それは住人のガネルたちも同じですね。

まあ……こういう風になっちゃうのかな。これはこれでリアルで面白いです。

牧場には牛以外にヤギとイタチとカブトムシがいた

道を降りて牧場に行ってみると、色々います。

牛の他に、ヤギにイタチに、カブトムシに。なんだろう……牧場初心者感があるというか。なんなんでしょうね? とりあえず色々と空き地に放っています、みたいな(笑)

ヤギはともかく、イタチはカーマスリビアイタチなので、少し硬そうです。でもカーマスリビアの採集の要地の一つになるのかな。

ヤギもイタチも、カーマスリビアでは結構まばらにいたと思いますからね。生活民のユーザー目線でこのような配置になっているのかも。乳絞りができるついでに肉や血の採集が出来る牧場は貴重かもしれません。行動力的にはそんなに余裕ないんだけどね~。

牧場に派遣されたパプーやパデュスたち

ここには新しいNPCであるロズリアがいます。

何でも、ペリカと仲良くなる天才らしく、それでブロリナ女王から直々に派遣されたそうですが、牛とはいまいち仲良くなれていない様子。

鳥と牛じゃあ勝手は違うよねぇ。ペリカって結構獰猛めだと思うし。猛禽に近いのかな?

牛がペリカを見たことがないのも影響しているんでしょうね。牛よりも大きいようだしね。

ロズリアの友達作戦はなかなかうまくいっていないようですが、周りのガネルたちの中には牛と牧場に興味津々の人もいるようです。

喋る青いトラ

ちょっと面白かったのが、カルフェオン労働者の発言。

喋る青いトラだって。パデュス。ドラえもんみたい。(笑)

でもそうだよね。彼らカルフェオンの労働者たちはペリカもパプーも見たことがないと思うので、未知の生き物ばかりなんだろうね。

海は渡ってないかもしれないけど、全く見知らぬ新大陸にきたようなものですよね。

▲ 喋る青いトラだってよ? ……うん、トラというかネコ科というか、サーバルとかあっち系というか。もう見慣れちゃった

ちなみに、BGMはポリの森でした。ポリの森が近いためのようです。一応工事中時に見に行った水辺の辺りも見に行ったんですが、特に変化はありませんでした。

▲ 楽器精霊がいっぱい

今日の2枚

カランダにて。なんか囲まれていました。盾持ちばかりなので安心ですね。( ˘ω˘ )

先日オス?メス?疑惑が浮かんだので。カツバリアクはオスのようです。