依頼

黒い砂漠/ドリガンメインクエ2を流し読みで 一番苦労したのは序盤の岩登り(ティラ・イグニス)でした

前回のパート1に続いて、ドリガンのメインクエパート2です。

竜が出現したという噂を元にレッドウルフを調査し、リブルとも戦ったわけですけど、パート1では約1時間という早い時間のままに話の展開はそれだけで終わってしまいました。

黒い砂漠/ドリガンメインクエ1を流し読みで ガーディアン時のテキストの変更点探しが楽しい星の墓場編をやりたい! メインクエを網羅しているキャラを一人くらいは、ということで進めているガーディアンでのメインクエ進行、今回はドリガ...

ドリガンのメインクエストでは、伝説のシェレカン五人衆やガーモスと戦うのがお馴染みです。双方ともに強いボスとしても知られていて、私も当時は苦労させられたものですが、どうやらパート2で戦うようです。

さてさて。楽しみですね?


1時間目:聖なる墓地

パート2ではドルゲフからです。なんでも、今度はシェレカンの墓での噂を調査してくれとのこと。

こんな時期(ドラゴンの噂で持ち切りで村人が不安になっている)なので、村人には秘密で動いてくれという辺り、短いテキストながら村長らしい気配りがありますね。言われたままにカミラの元へ。ε=ε=ε=┌(o゚ェ゚)┘

いるのはもちろんキューバの歌姫でも公爵夫人でもありませんが、ガーディアンで進めているせいかがらりとテキストが変わっていてそれどころではありません。その辺はまた触れるとして。

こちらでも噂があり、怪しい人影があるとのこと。噂だらけだね。ここはスキップされて、ティラ・イグニスなる人物がいるので会いに行くことに。(誰だっけ……)

▲ ちなみにキューバの歌姫

登れない!

で、到着して少しうろたえました。ルートが岩の上を這うように出ていたからです。

つまり、登れと。その先にティラがいるようなのですが……

登れない!!

▲ うーん。なかなか隙がない…

いったん降りて岩をぐるりと観察したりしてみますが、ルート通りに行くしかないようでした。メインの時はどうしてただろう。

そのまま10分くらい悪戦苦闘していたのですが、らちが明かないので youtube で動画を検索してみました。メインクエを進行している動画そのものを探すのは簡単なんですが、メインクエ内の特定の行程となるとシークバーとの戦いになるのでそれなりに大変です。

ようやくお目当ての動画、岩登りの場所を見つけて見てみますが、どうも私がしてたのと同じで連続ジャンプで引っ掛かりを探すしかないようです。特にコツとかないのかぁと思いつつしばらくジャンプをし続けていると、いけました。ホッ。

ようするに引っ掛かりのポイントがかなり微妙という、単純なお話のようです。

▲ この辺。側面を登る方が引っかかるようです

もう一度登ったらすぐにいけました。もうマスターでーす(← それにしても何でこういう要素入れた?( 一一)

なんにせよ、ティラが言うには怪しい人影はシェレカンそのものだろうとのこと。

戻ってカミラにこれを伝えると「なぜご先祖様が…」と当然驚かれたわけですが、ガーディアン時のテキストでもガーディアンのことをご先祖様の転生とか言っているのでちょっと笑いました。

ボス:シェレカン五人衆

祈願の泉のジェロの元に行くと、あなたのようなよそ者がシェレカンたちと交感するのは容易ではない、認められなければならないでしょうと言われます。どうも、もう“彼ら”と戦うようです。

奥の祭壇に行ってもらった香炉を焚くとシェレカンたちが出てきました。もちろん、バフは万全。AD値はあの頃に比べるとAPもDPも50くらい上がっていると思いますが、さてさて。(ちなみにそれぞれ1vs1です)

▲ 次々に襲い掛かるシェレカンを吹っ飛ばしては「次っ!」地面に叩きつけては「こんなもんか!?」と猛るガーディアンなのでした。怖い怖い

うん、特に問題なかったようです。これはこれでちょっと残念。「竜の顎」のノックダウンがかなりの確率で入るようでした。

次の新キャラ

さくっと倒して、礼をして、記念撮影です。採光がいいのでグッドな写真が撮れました( ˘ω˘ )(会話内容はスキップされました)

彼らのモーションを観察していましたが、ラテとガーウッドが二人ともジャイアントのモーションのようで、かぶっていました。

ガーウッドが斧で、ラテがハンマー。一瞬、砂漠の操作キャラにハンマーキャラはいませんし、新キャラは確か男性キャラだったと思うので、もしや次の新キャラはラテベース?とか考えたりしましたが、このドリガンのメインクエは3年ほど前の実装です。違うのでしょうね。

でも新キャラがシェレカン(チェンガ・シェレカン)っていうのは案として既に出ていそうです。なにせガーディアン、ハサシン、ノヴァと、神話的なキャラが続いていますからね。ノヴァは少し神話的キャラとしては弱いけれども。

なんとなくシャドウアリーナのキャラ紹介を見たら、最後のシェレカン戦士である「タガル・シェレカン」がいました。

シャドウアリーナから黒い砂漠にくるっていうことはあるのかな?(ただ、攻撃スタイルは槍で覚醒ブレイダーっぽかったです)むしろこの中からくるのなら、類似キャラがないということで、ウージュのような闇の精霊や古代遺産と関係の強いキャラかもしれませんね。FBで使いたいしあまり火力の出ない変則的なキャラはちょっとやだなぁ……。

余談ですが、シャドウアリーナでのガーディアンはイグリッドと名乗っています。アグリスの祭壇でイニックスの?炎を盗んだらしいですが、もちろん砂漠のガーディアンと同じ人物です。長寿ですからね。ちゃんと繋がってる。(変なことがなければ…)

さらに余談。ちょうど新キャラのヘッサ・マリーが実装されるようでした。ボスのマリーと同一人物だよね。

でも、彼女、クトゥランの力を使うんだって。ということはベルシュアンの傍にいたヘクサ・モアとなにか関係があるのかな。そもそも砂漠の一般認識で言うところの魔女の力はクトゥラン関係ってことになるかもしれませんね。

犯人はダフマン

色々と満足したので戻ると、住人たちが噂のドラゴンを恐れて家畜を捧げ、村で禁止したはずの祭祀を始めているとのこと。あらら。

大祭司長のダフマンが怪しいとのことなので調査に向かいます。知ってた。向かった先ではダフマンはいませんでしたが、ガーモスに対抗するための話を聞くためトシュラ廃墟のレオンの元に行くことに。

ちょろちょろっとトシュラのMOBを狩った後、ガーモスに関する調査書がないとかで怪しい兵士にビールを渡すとあっさり吐きました。首謀者はもちろんダフマンです。

うん、それにしてもこの人ムラブと言うらしいですが、クビにしよう。( ˘ω˘ )ビール1杯で機密をばらす兵士なんていらないw今のドリガンは兵隊不足というか、きちんと軍隊を組織したこともなければ戦争の経験もないらしいのでその辺の演出も含めているのかもしれませんけども。

ガーモス祭壇に戻ると、ダフマンがいました。が……

こんなことを言ってます。ブラックドラゴン! マクタナンだって。そんなのいたっけね。

ここで1時間目が終わりました。


2時間目:浄化

ダフマンの施したガーモスを強力にする呪術をカルナクの滝の泉の水で浄化してまわったあとは、さてガーモス戦です。

ボス:ガーモス

ドルゲフが言っていたままに、召喚書ないし信号弾を発射すると、ガーモスが現れ、兵たちも駆け付ける……のですが、その前にこんなやり取り。あったあった。

そのうちに今度はガーウッドたちが参戦。彼らとの会話はスキップ対象だったので忘れていましたが、そうだった彼らも助けにきてくれるんだった。それにしてもこの吹き出し形式の対話、ガーモス戦だけでしか見ないけど、もう採用しないのかな?

兵たちも指揮官のマイラ(レイヴン警戒所の拠点管理人)とともに遅れてやってきて、さて協力戦です。

ガーモス自体はそんなに強くないので緊張感は特にありません。ながいな~かたいな~救援者たちがんばってるなぁとか思いつつ、時折観察しながら、適当にぽこぽこ殴ってました。ちなみにガーモスはプレイヤーを追ってくるので、ガーモスは毎回どアップになります。

▲ 迫力万点

結局7分戦っていたようです。そこまでかかってなかった。

祭司長ダフマンの行方

祭司長の行方も気になりますがとりあえずドルゲフの元へ凱旋報告すると、ダフマンはシェレカン鉄鉱山に逃げたらしい。

ダフマンが逃げる際に落とした日誌によれば、彼はブラックドラゴンマクタナンの声を聞いたことにより計画を立てたとのこと。そんな感じだね。マクタナンはかつて退治されたようだけど、死んだわけではなく、今は鉄鉱山の奥で眠っているのだとか。

ガーモスを復活させることがマクタナンの計画だというのなら、単に自分を退治した者たちへの恨みか、それともガーモスを復活させることがなにか自分の復活を早めることに繋がるのか。その辺は語られませんでした。

鉄鉱山について

鉄鉱山?と思ったので、軽く調べたら、ドベンクルンのすぐ南東、霧がかかっている場所でした。

オーディリタの面積を見るとドベンクルンの南東が全て一気に実装されるようにはちょっと思いませんが、実装に一番近しいと思しき「終わりのない冬の山」地域はメディアの南です。

ハイデル宴会では“ガーモスとはまた違う巨大な龍が済んでいるという伝説がある地域でもある”と触れられていましたが、カルフェオン宴会ではこれをゴールドドラゴンと言っていました。(レイド方式での実装が予定されているらしい)マクタナンに関してはもう少し先になりそうですね

ガーディアンとシェレカン

そうして終わりにドルゲフはガーディアンの生い立ちに触れてきます。ガーディアンでプレイしていると聞ける台詞です。

黒い砂漠/ガーディアンはラブレスカが一から創造したシェレカンなのか、それとも元からいたシェレカンに血を分けた存在なのか先日、ドリガンのメインクエストをクリアしました。(2回目です) メインクエストをノヴァでプレイするとルートの改変レベルでがらりと内...

この辺のことは上の記事で綴っています。

ヒュゴルからプレゼントの金塊やら、マカールロードの水晶などをもらい、ドリガン編は終わりました。

報酬と時間

ドリガンメインクエパート2の報酬はこんな感じでした。(スクロは違います)メインクエベルトの岩の心臓ベルトがありますね。ゲルビッシュ、マカールロード、フムの選択は二つともマカールロードを選びました。

時間は1時間と19分でした。はやい。パート1と合わせても2時間半かからなかったようです。

パート1でも思いましたが、思ってたより早かったですね。スキップされた影響もあるでしょうが、ストーリーも一本道で特別変な要素はありませんでした。

砂漠の世界では巨大ドラゴンは味方にならないようですが、側近の参謀が悪の首魁になっていますし、ガーモス戦では兵やシェレカンたちと協力して倒しますし、王道ストーリーですね。メディア編も似たところはありますが、あちらは古代の遺跡だったり三日間の闇だったり。砂漠らしさが大いにあります。

思うのは、やっぱりスキップなしでやりたかったなぁと。とはいえ仕方ないですね。一番の難所は岩登りでした。ここはとても想定外でした。(笑)

さて、お次は待ちに待った星の墓場編ですね。ようやくです! このためにメインクエストをコツコツ進めていましたからね。エルビアの領域もあるので合間を縫いつつ、じっくり進めようと思います。

「シェレカンと紅き竜の冒険日誌」と「ドリガンの民間風習」を埋めて行動力+4

またまた余談ですが、このあと知識も少し埋めました。少しドリガン熱が出てきたので( `ー´)ノ

ドリガンの民間風習はオブジェクト探しのやつですが(料理商人の後ろのオブジェクトとかカルナク池の岩とか)、まだ結構残っているけど上昇分は最大値に達成して行動力が565に。残りは依頼関係になりました。

行動力はもう増えない上、オーディリタの方はまだ全然手を付けてないのでだいぶ優先度は低いですが、そのうちやっとこうと思います。