依頼

黒い砂漠/純粋な魔力の塊5個を入手できる「ツンタの精髄を調達」依頼 ついでにオルゼカコイン渡しとデロティア採集

オーディリタのメインクエパート2をクリアしてから改めて各地を巡ったのですが、

残念ながら一般依頼は「邪念にとらわれたものたち」の1つしか見つけられませんでした。(この依頼はいばらの森のギミックである“不吉なオーラ”にまつわる依頼でした)

黒い砂漠/オーディリタの一般依頼「邪念にとらわれた者たち」パート2後に見つかったのはこれだけでしたオーディリタのメインクエストパート1をクリアすると、オーディリタ内の一般依頼のいくつかが解放されました。(厳密にいえば、「オーディリタメ...

一応デイリーも全て内容は見ているのですが、一つだけやっていないものがありました。

それが今回のチェルピーから受けられる純粋な魔力の塊がもらえるウィークリーの依頼です。

内容が分かっていたことや、素材を渡すのが少し手間だったのでやっていなかったんですよね。


[ツンタの精髄]チェルピーの特別な錬金術

チェルピーはオドラクシアの薬師で、アヒブたちの体内に溜まったトゥラシルを薄める一方で木化が発症してしまう薬を作った人物で、行動力ポーションを交換できるNPCですね。

話を聞くと、

▲ 今までは純粋な魔力の塊の製作に?半日かかってたらしい

とのこと。苦悩が眠る墓でのいばらの監視者たちとのやり取りが顕著でしたが、知識を概念ではなく実態を伴った価値ある遺物かなにかのように取り扱うのはオーディリタ地域の特徴ですね。

オルゼカ王国の知識が、オドラクシア繁栄とアヒブないしベディル生存のために最重要項目だからというのもあるでしょうけど、藍色の審判なり奴隷化なり、物理的にも精神的にもその人を縛れる技があると、こうして儀式めいてくるのかもしれません。

それはさておき、ウィークリーを受けるための試験があるようです。

試験は

・黒い精霊の邪念 *10
・火角 *100
・ボスのオーラ *5

が必要になるので渡します。

ボスのオーラはWBからドロップして100個でボス箱と交換するやつですね。私はクザカのものを渡しました。(ウィークリーの内容と合わせるとオーラは7個必要になるようです)

[ツンタの精髄]ヴェルティの助力者

もう少し続くようです。結構長いのかな? 言われた通り、ウィオレンティアの元へ。

やっほ~! なんか久しぶりな気がする。

ヴェルティの助力者に任命されたようです。不均衡の宝石を作った大役を果たしたあとだとちょっと今更感がありますね。

これでツンタの精髄を作るための契約を結んだことになるようですが、称号ももらえました。思わぬ収穫。

それにしてもウィオレンティアの丁寧な言葉綴りを見ると、「ああ~これこれ。このしっかりと説明して、NPCの呼吸も感じられる文章」なんて思ったりも。

バレンシア編はともかく、ドリガン編(パート1)の文章は良くも悪くもアクのないものでしたからね。比喩や伏線をはじめとして難読すぎるのも考えものですが……砂漠はリアルな世界観が売りなので、そのキャラのイデオロギーはもちろん腹の内なんかもしっかり見たいですね。

[週間]ツンタの精髄を調達

さて、ここでようやくウィークリー依頼の内容になるようです。

ツンタの精髄は、

・魅惑の実 *50
・生成されたデロティア試薬 *50
・上級ライトフェザー *50
・黒い結晶の破片 *10
・ボスのオーラ *2

を錬金することで作成。

余計な材料を入れて、他の材料がダメになっても責任は取らないと言っている辺り、錬金道具での作成です。さすがにこの辺のアイテム、特にボスのオーラはダメにしたくはありませんね……主に輸送がめんどくさいという意味でw

前提依頼と合わせるとボスのオーラは7個必要になるようです。

ちなみに純粋な魔力の塊は、10個で約100Mらしいので、単価は約10M。(パトリジオ商店換算)

魅惑の実は70,000シルバー*50=3.5M
上級ライトフェザーは11,300シルバー*50=565.000シルバー
精製されたデロティア試薬は16,800*50=840,000シルバー
黒い結晶の破片は220,000シルバー*10=2.2M

なので、オーラを除くと計約7.1Mです。デロティア試薬は割と売れ残ってるようです。

ボスのオーラの価値は分かりませんが、未強化のボス装備が100M前後なので、100個で箱にできると考えると1Mいくかいかないか。だとすると、総材料費は10M程度のようです。

もらえるのは5個ですから、この依頼で作成したらかなり安くなるようです。ボスのオーラは貯まっているのでちょうどいいですね。

慣れない手つきながら、ツンタの精髄完成。

チェルピーにツンタの精髄を渡し、依頼は完了です。


オルゼカコイン

ついでに、オルゼカコインを渡しに行きました。

オーディリタ各地にあるオルゼカコインのもらえるデイリーを受けてオルゼカコインを40個集めて渡すと、純粋な魔力の塊が1個もらえるってやつですね。

私は各地をまわっていたわけではなく、刃の狭路を通りがてら、刃の狭路にあるデイリーをこなしていった感じ。一瞬で終わりますからね。別荘バフを入れる時や、ヌーベルの逆鱗の依頼関係で死の月警戒所に行く時に刃の狭路は通るのです。

渡すのは“アーチェルが誕生させたアヒブ”な奴隷商売人のナディア・ニッキーです。オルゼカコインの説明には、「奴隷にはめていた足枷を基に作ったのではないかと言われている」らしいので、彼女が交換先なのでしょう。

特に会話はありませんでした。残念( 一一)

デロティアは生け垣をむしるべし

余談ですが、この依頼に際して、気分転換にデロティア採集をしてみました。どこが一番採れるだろうと。

種にせよ粉末にせよデロティアは基本的に栽培で得るのが有効手段なので、採集はデロティアの精髄目当てになりますね。

私が知っているのは3ポイントなので、各地で採集してみました。(各デロティアのオブジェクトにつき1回の採集です)

ラ・オデル付近。

サラナル池付近。(サラナル、ナタリアがいる方です)

そして、オドラクシア内。敷地が広いのもありますが、オドラクシアがダントツですね。さすがに王城に行った辺りでもういいやってなって終わってますw(まだ下の方に種とかあります)

オドラクシアでのデロティアの採集ポイントは……主に生け垣です。

生垣や住居の敷地やテラス部分に植えられたデロティアをむしるのです。

オドラクシアの住居は窓が開いてるのが常ですから、「こんにちは。いいお天気ですね(ブチブチ)」という気分を味わって(←)なかなか面白かったです。( ˘ω˘ )

一番多かったのは、王城やウィオレンティアのいる謁見の間の後ろ側、中庭部分などでした。容赦ない。せっかく綺麗に植えているのに(笑)