依頼

黒い砂漠/アドナ・リオブランの依頼「親切な占星術師」まさかの依頼分岐!ではなくて占い(ランダム?)です

先週はエルビアの領域が実装されました。

なかなか好評のアップデートのように思いますが、今週も冒険日誌の「プガルの黄金時代」が実装されたり、闇の精霊の冒険が改変されたり、馬レースも新シーズンになったりなど多方面で色々と盛りだくさんの内容。

で、私はというと、個人的に気になっていた占い系依頼のアドナ・リオブランの依頼をやってきました。

こんにちは。オルトです。


アドナ・リオブランの居場所

占星術師のアドナ・リオブランは居場所が変わるという特殊なNPCのようです。場所を知るために各地の酒場にいる新設置されたNPCたちに情報を聞いていきます。

オドラクシアのいばらの酒場にいるルン・テルナから既に「オルビア村にいる」という情報は聞いていたのですが、居場所が変わる上に実装直後の始めも始めですからね、始まりの村なベリア村(NPC名はコウノ)にも情報をもらいにいきました。

うん、やはりオルビア村ですね。ナディア・ローウェンの酒場にリオブランはいるようです。多分そうだろうなとは思っていましたが、聞くNPCは一人でよさそうな雰囲気ですね。


結構かわいい性格してた

さて、情報通り、オルビア村のナディア・ローウェンの酒場に行くといました。アドナ・リオブランと、そしてワンワンが。(笑)

▲ スピーチ大会って何しゃべるの?w早口言葉とか、カルフェオンの全議会員の名前とか? ていうか、ワンって語尾なんだ…

アドナ・リオブランと話してみると、彼女自身が主席だけど実はとそう言うように、気さくな人でした。結構かわいい性格してます。

秘密カードを入手するために、幸運の金色のクローバーを見つけるようです。

一瞬どうすればいいんだろうと思いましたが、お酒でも一杯と言っているので、ナディア・ローウェンから適当に3種類のお酒を買うといいようでした。(私は3つのお酒を一気にあげてしまいましたが、どれか一つでいいと思う)

あげて会話を閉じると、見慣れないウインドウが出ました。ちいさっ。

これがヒントで、テキストのヒントを元に9種類のアイテムを持ってくればいいようです。それぞれ10個ですね。

各アイテム

1)「大きな」とついたキノコ 10個

「大きな」とついたキノコならなんでもよさそうな雰囲気です。私は大きなフォーチュンテラーキノコを渡しました。

2)バレノス定食 10個

コスパいいよね。昔はお世話になりました。特製は高すぎるから遠慮しておくというように、特製バレノス定食はダメだと思う。

3)柔らかいペリの羽根 10個

グリフォンと少し悩みましたが、彼らは獰猛そうですし、オスとメスが一緒に飛び回っていたそうなので、ペリカぺリナなんでしょうね。

4)ニワトコの板 10個

老兵の渓谷やアイリス渓谷で生産できる木材はニワトコです。一応、ニワトコの合板の方も持ってきましたが、こちらはダメでした。

5)魅惑の実 10個

ロマンティックかどうか少し考えてしまいましたが、それっぽい実はこれしかなかった。

6)火角 10個

角で狩猟関係というとこれですね。というか、角じゃなくて体内で凝固した塊なんだこれ。(いまさら)

7)精製水 10個

特に変わった考えなしに持っていったら合ってました。他になにかOKなものがあったりするかもしれませんね。

8)ブラックストーン防具or武器 10個

闇の精霊ってブラックストーン食べるの? というか何が羨ましいんだろ……。記憶なくなるよ?( ˘ω˘ )

9)毛糸 10個

これも精製水と同じで、ぱっと思い浮かんだのが毛糸だったので。綿花とか蚕繭とかでもよさそうな雰囲気はあります。

これらのアイテムは一気に渡せます。

組み合わせると

で、1種類のアイテムを渡すごとにもらった「アドナの試作の欠片」を組み合わせます。

うーん、ちょっとわかりづらいですが、鶏っぽいのがいますね。名前は「試作:ブドウの香りに酔った農夫」だそう。絵だね。

アイテムの説明を見ると、丁寧に「農場」と「オリーブの香り」というヒントをくれています。テントがあって、鶏がいて? ウェイル農場で得られるのがオリーブなので、ウェイル農場の誰かという目星はついたのですが、この時点では別の人だと思ってました。

▲ この人(レイモンド)。テントがないことに後で気づいた。鶏に餌撒いてるNPCって結構いるんだなぁ

話を聞くと、画商に持っていったら門前払いされたそう。絵描きになるの? 占いは?(笑)この辺が主席らしいところかもしれませんね。

それと、テキスト毎にズームアップされて、ものすごい丁寧にヒントを教えてくれます。

絵画の主人公、クローバーの持ち主は?

で、改めてウェイル農場のレイモンドの元に行きますが、違うようなので少しうろうろ。鶏が目に入らなかったのか、まさか拠点管理人ではないだろうという考えがちょっとあったのか、ウェイル自体を忘れていました。

絵のまんまですね? ここ来ないしなぁ……。

そしてなかなか興味深い話を聞けます。金色のクローバーは果てしなく続く冬の山麓のどこかで見つけられ、さらにゴールドドラゴンの鱗が落ちた場所に咲いたという伝説があるとのこと。ゴールドドラゴンは、現在開発中で冬に実装させたいらしい終わりのない冬の山のレイド予定のボスですね。差し込んできますね~。

クローバーを返すと運勢を占ってくれるとのこと。なにか選択があるのかなとちょっとわくわくしましたが、そういったゲーム性はないようですが……

依頼分岐! ではなくて。

この「不屈の木」というカードが、私が今引いたカードのようです。カードを選んで分岐を選ぶというテキストが出ますが特に何もないようです。

ようは砂漠式タロットですね。下のテキストはとても占いらしい。面白い。カードは9種類あるようですが、ランダムなのかな? 家門で9回占えるとはいっても、ダブってしまうのはやだなぁ。

で、これで1回目の占いは終わりのようです。今度は、占えるようになったら各町でオウムのワンワン(名前は「アント」らしい……)が出現して知らせてくれるとのこと。そうなったらまた出現位置を情報発信屋のNPCから聞く、という流れのようです。

報酬

報酬ももらえました。

内容が占いだけあってそれっぽいサイコロやアルカナ関係のようです。話していた秘密カードとは、アルカナがランダムで出てくるボックス型アイテムだったようですね。

なかなか面白かった~! 1時間くらいでした。次の占いを楽しみにしておきます( ˘ω˘ )